「黄金町バザール2014」特別企画 演劇パビリオン 2014.8.1[fri] - 11.3[mon]

More

演劇センターF

UFO

10.23 机上演劇祭は机上の空論か@横浜 2

[ 2014.10.23 更新 ]

IMG_0084up

Q1:実施までの経緯と背景
机の上で演劇の上演が可能か。岸井さんの呼びかけのもと様々なアーティストがプレゼンし合い、その可能性を模索しているとのこと。これは、先に実施した『ソーシャルストリップ』でも提示された、劇場でなく家で上演するという演劇の未来に呼応するものだ。また、演劇センターFの拠点にあるカウンターで試行されている上演のヒントにもなるだろう。こういったミニマムな上演はポータビリティ性も高く、同時多発が可能な上演形式だと想った。

Q2:実施中やその後に起きた印象深い出来事
とあるプレゼンが印象に残った。既定の人数でテーブルを囲み、自分の持ち物を指定された数だけ提供する。次に進行役がテーマを提示し、参加者はそれを元にテーブル上に持ち物を置くことで造形・感応し合い、数巡して完成を目指すというプログラム。参加者と別に外層にいる観客も、まるで将棋の対戦をのぞき込みながら好き勝手を言う輩のように、参加者の振る舞いを楽むこともできていた。出来上がった造形を見て、参加者も観客もいっしょに感想を言ったりフィードバックを得たりすることもできていた。

以上、市原幹也(演劇センターF芸術監督)

▼イベントの様子


【当イベントは終了しました】
「机の上だけあれば、演劇はできます。そういう演劇を「机上演劇」と呼ぶことにしました。いろいろな机上演劇が集まれば演劇祭もできるでしょう。試しにやってみませんか?」
という話を7月3日に演劇センターFで今回のトーカーでもある様々な演劇作家たちとしたところ、机上演劇祭を開催するには、考えねばならぬ論点が多いことに気がつきました。どこまでが演劇か、あるいはどこまでを演劇と考えた方が面白いか、観客がそこにいるとは何か、趣味の違う作品は一緒に上演されたほうがいいのか。
まず、岸井から20分机上演劇祭についてと、前回のトークイベントの話について、20分ほどプレゼンをします。それからトーカーさんと、どのような演劇祭がいいか1時間ほど話します。
その上で、会場の皆さんと40分ほど話し、今後どうするかを考えます。「机上演劇祭」に興味ある方、是非来てください。
会場は、演劇のための新しい場を実践し構築している、演劇センターFが活動する横浜黄金町です。
定員30名です。恐らく満席となることはないので、ふらっといらしてください。

日時:2014年10月23日(木)19時30分ー21時30分

司会:
谷竜一(集団:歩行訓練)

トーカー:
石神夏希(ペピン結構設計)
カトリヒデトシ(カトリ企画主宰・プロデューサー)
カゲヤマ気象台(sons wo:)
岸井大輔(劇作家/PLAYWORKS)
作者本介(ジエン社)
萩原雄太(かもめマシーン)

タイムテーブル
19時30分ー35分 会の説明 司会谷竜一より
19時35分ー20時 カトリヒデトシが石神夏希に語る「机上演劇とは何か?」と、谷竜一と岸井大輔による「机上演劇は有意か?」
20時ー20時30分 萩原雄太による「机上演劇実演」とカゲヤマ気象台による「机上演劇提案覚え書き」
20時30分ー40分 休憩
20時40分ー21時30分 3つの机上演劇提案を踏まえ「机上演劇祭は可能か?」を考える。
*なお、19時から会場では、作者本介作の「桐島テーブルトークRPG https://note.mu/honsukesan/m/m7e3277f15f61」を、作者本介がゲームマスター、萩原雄太がプレイヤー役となって上演しています。観覧・参加歓迎します。是非客入れからお楽しみください。

会場:黄金町高架下スタジオSite-D
〒231-0066 横浜市中区黄金町1-2番地先
京急線「黄金町駅」または「日ノ出町駅」から徒歩約5分

参加費:1000円

出演者プロフィール
石神夏希(ペピン結構設計)
1980年生まれ。1999年より演劇集団「ペピン結構設計」を中心に劇作家として活動。2002年『東京の米』にて第2回かながわ戯曲賞最優秀賞受賞。近年はテナントビル、住宅、商店街などでの演劇上演、地域を軸にしたアートプロジェクトの企画や滞在制作を行う。また住宅・建築を主なフィールドに建物や場所に関するリサーチ・執筆・企画を行うなど、「場所」と「物語」を行き来しながら活動している。
最近の活動:黄金町バザール2013出展、本牧アートプロジェクト2013参加、北九州市小倉「Fantastic Arcade Project」ディレクター(2014)など。
http://www.pepin.jp/

カゲヤマ気象台
1988年静岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2008年にsons wo:を設立、主に脚本、演出、音響デザインを手がける。発話や身体から連続性を排除した「機械仕掛けのシアター」を構築しながら、そこで起こる現象にあくまでも独りで対峙できるような「開かれた自己内省のための場」としての演劇空間を追求している。芸創CONNECT Vol.6最優秀賞受賞。F/T13公募プログラム参加。

カトリヒデトシ
神奈川県川崎市生まれ。大学卒業後、公立高校に20年勤務した後、退職。現在は家業を継ぐ。2011年より「カトリ企画」を主宰し、プロデュース公演を行う。2014年5月の「紙風船文様5」で14回目の公演になる。

岸井大輔
劇作家 1970年生 早稲田大学大一文学部卒 他ジャンルで遂行された創作方法によるジャンルの形式化が演劇でも可能かを問う作品を発表している。代表作「P」「potalive」「文(かきことば)」「東京の条件」現在は、集団の美学を具体的に探し言語化するプロジェクト「オルタナティヴエステティーク」と日本における宗教が都市演劇を生み出した記憶をシミュレートするプロジェクト「始末をかく」を実施中。

作者本介
1983年 埼玉出身。脚本家。2007年演劇ユニット・ジエン社を旗揚げ。以降ジエン社の全作品の脚本と演出を務める。ジエン社は東京芸術劇場主催・『20年安泰。』(2010年)にも選出される。また、脚本・演出家として『演劇最強論』(2013年・飛鳥新社)などにも取り上げられる。舞台だけでなく映像のシナリオ、設定なども手掛け、舞台、映画、TVドラマに脚本などにも参加。作家以外の活動としては、遊園地再生事業団の公演に演出助手として参加している。

谷竜一
1984年福井県生。山口大学教育学部卒。集団:歩行訓練代表。詩人、演劇作家。ありふれたワンアイディアを対話によって精査しルールを設計、シリアスに、あくまで軽やかに作品を答えるべき問題に転化する作風で独特の評価を得ている。近作に『ゲームの終わり』、『不変の価値』(F/T12公募プログラム他)。東京芸術大学大学院芸術環境創造領域在席。スタジオイマイチ登録アーティスト。詩誌『権力の犬』同人。ニコニコ学会β運動会部員。

萩原雄太
1983年、茨城県生まれ。劇作家・演出家・フリーライター。2007年、かもめマシーンを旗揚げし、社会を「言葉、身体、感覚、イメージを規定するもの」として捉えつつ、社会の中における演劇をテーマとして創作を行う。10年、シアターΧ国際舞台演劇祭にて『かもめ/マシーン』を上演。11年、福島県双葉郡の路上で上演した『福島でゴドーを待ちながら』は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙や、早稲田大学演劇博物館、イタリア・ローマ演劇記念館にて紹介される。12年、ダンサー・振付家である手塚夏子の作品『私的解剖実験6 虚像からの旅立ち』に出演。