「黄金町バザール2014」特別企画 演劇パビリオン 2014.8.1[fri] - 11.3[mon]

More

演劇センターF

UFO

9.7 8時だF!全員集合

[ 2014.09.7 更新 ]

Fメンバー5人

Q1:実施までの経緯と背景
ここまでで約1ヶ月間、演劇パビリオンを実施し、併せて拠点を運営してきた。メンバー全員によるフェードバックと「ゴール」を見据えるためのミーティングを公開形式で行なった。3ヶ月間のプロジェクトにおいて、最初からすべてのプログラムを決めた上で運営・実施することに当初から違和感があった。状況や地域コミュニティ、そしてアーティストは日々変化する。それに応じた再構成をする必要を強く感じていた。

Q2:実施中やその後に起きた印象深い出来事
話し合われたことのなかで代表的なものをいくつか挙げる。
・近隣の他施設が行なうイベント内容や実施時間も考慮して、構成を再考案。
・多くのひとが出入りし出会った8月を踏まえて、9月からはいっしょに考えたりやったりするプログラムを増やす。
・3ヶ月間のコミュニケーションの集約として、毎日通ってくる近所のこどもたちといっしょに創作した演目を模索する。
・地域のひとたちと創作している『まち歩き”縁”劇 はつこひ商店会物語』の公演を続け、ひとつの演目として完成を目指す。
・最後の日「ラストシーン」がどうあるべきか、イメージを共有。
・イグジットの仕方。お祭り騒ぎをするようなイベントでごまかさず、いかに居なくなるか考える。

以上、市原幹也(演劇センターF芸術監督)

▼イベントの様子


【当イベントは終了しました】

全国各地を飛び回っているFの5人が、黄金町に全員集合!!
8月1日から『演劇パビリオン』を展開中の演劇センターF。そのフィードバックと、「これから」のことについて話します。Fが夢見る「であう/まざる/めぐる」演劇とは何なのか? 横浜に拠点をつくること、まちと演劇との可能性など、ざっくばらんに大胆に語り合います。ぜひ、お立ち会いください。

▼トーカー:演劇センターFメンバー
市原幹也(演出家)、多田淳之介(演出家)、野村政之(ドラマトゥルク/制作者)、藤原ちから(編集者/批評家)、横井貴子(制作者)

▼日時:2014年9月7日(日)20:00~22:00(19:40開場)

▼会場:演劇センターF
〒231-0053 横浜市中区初音町2-43-6 Kogane-X Lab.
※京急線「黄金町駅」または「日ノ出町駅」から徒歩約5分

▼参加費:500円