「黄金町バザール2014」特別企画 演劇パビリオン 2014.8.1[fri] - 11.3[mon]

More

演劇センターF

UFO

#大岡川桜2 金沢八景から大岡川源流氷取沢まで演出家市原幹也と劇作家岸井大輔と歩く

[ 2014.05.10 更新 ]

IMG_7041up

【このイベントは終了しました】

市原幹也が中心になり横浜黄金町に「演劇センターF」が開かれました。この場に、岸井大輔が戯曲を提供することになり、そのイベントとして、大岡川をテーマにした散歩をしています。(前回は大岡川を海から水源まで20キロ、一日で歩きました。twitterまとめはこちら

大岡川は、円海山から横浜港に流れ横浜市内を貫く2級河川です。この川の源流氷取沢は、かつて、金沢文庫にいた殿様が、冬に氷を蓄え、夏にシャーベットを楽しむための天然の冷蔵庫である氷室であったため、氷取沢と呼ばれるようになったといわれています。

金沢文庫は、鎌倉幕府の港で、古来横浜あたりで港といえば金沢を指しました。東京湾唯一の漁港である柴漁港は金沢にあり、今も金沢港の雰囲気を伝えます。岸井は2004年に金沢でポタライブを制作して以来、横浜市全体を金沢を中心に捉える見方ができないかと考えてきました。一方市原は去年の横浜滞在製作で大岡川の公共性にたどりついたそう。金沢から、シャーベットの伝説を辿り円海山を登り、大岡川源流氷取沢へ抜けることで、この2つの物語を接続できないかと考えています。

▼日時:2014年5月10日 9時30分〜18時
朝9時30分に金沢八景駅集合で、歴史と文化の金沢区を巡ります。
13時に金沢文庫駅待ち合わせで、鎌倉道より古いといわれる白山道を抜け、大岡川源流に抜けます。
ツイッターで #大岡川桜 をつけ、現在地をつぶやきながら歩きます。途中参加も歓迎します。
適当にご参加ください。

▼午前 金沢文庫編
9時30分 金沢八景駅集合
シーサイドライン、柴漁港、金沢文庫称名寺
12時ー13時 金沢文庫称名寺周辺で休憩

▼午後1 白山道編
13時 称名寺集合
13時30分 金沢文庫駅集合
手子神社、白山社、金沢自然観察の森 
15時30分ー16時30分 金沢自然観察の森で休憩

▼午後2 氷取沢編
16時30分 金沢自然観察の森出発
大丸山山頂(横浜最高峰)、円海山山頂、大岡川源流域
18時 氷取沢着

▼イベントの様子
Twitterまとめ
動画全編
動画後編

▼リンク
4/10「大岡川を海から源まで演出家市原幹也と劇作家岸井大輔と歩く」Twitterまとめ